悩み相談

母の死を実感して孤独感に苛まれる【悩み相談】

こんにちは、ゆーこーです。

今回のお悩みは10代女性の方からです。

母の死を実感し、孤独に襲われている

はじめまして。タイトルの通り、一ヶ月前母がくも膜下出血の為急死しました。私が成人を迎える前のことでした。
このような時期のため家に一人でいることが多いのですが、普段なら母と他愛もない話をして笑いあったり、腕を組んでお買い物に行ったり、悩み事があれば何でも話しました。母は私にとって全てでした。私をとても愛してくれました。良き理解者であり、尊敬していました。大好きでした。本当に感謝しかありません。なのにその母はもういない、お帰り、と笑顔で迎えにきてくれない。もう本当にこの世にいないのだと実感し、強い孤独感に襲われてしまいます。
あの時私が一番近くにいたのにどうして気付いてあげられなかったのか、もっと早くに気づいていれば助かったのではないか、私が母の命を早めてしまったのではないか、自分はとんだ親不孝者だ、と強い後悔に襲われてしまいます。自分なんかが幸せになって良いのかと考えてしまいます。授業もあり、勉強もしなくてはならないのですがなかなか身に入りません。よく一人になると涙が止まらなくなります。どうかお力を下さい。宜しくお願いします。

こういう質問は本当に心にきます。僕の母親は健在なので完全な共感はできないはずなのですが、それでも心から悲しくなります。綺麗事ではなく、どうにかして力になりたいと思うのは僕だけではないでしょう。

この方はどの部分が悩みの根本となっているのか。それを見極めて意味あるものに昇華しようとした上で、以下の回答をさせていただきました。

ご心痛お察しします。

非常にお気持ちが大変なことは重々承知です。
ですがあえて厳しい言葉をおかけします。
その後悔、すべて勘違いです。

『どうして気付けなかったのか』
くも膜下出血の兆候は頭痛などですが、とてもわかりづらいです。
医者でない我々が見抜けるはずがありません。気付けたとしても「風邪かな?」くらいでしょう。
なので「気づくことができたはず」というのはあなたの勘違いです。

『母の命を早めてしまったのでは』
よく笑う幸せな人は8年ほど長生きするという統計があります。
笑うことにはストレス軽減の効果がありますからね。
つまりあなたはむしろ健康を良くしていたのです。
なので「私が命を早めた原因かも」というのも、勘違いです。

『親不孝ものだ』
とんでもない。
ここは大人になって、母親側の気持ちになってみましょう。
最愛の娘が、同じように愛情を返してくれた。
思春期の悩みだって打ち明けてくれた、それって信頼している証。
一緒に笑い合ってくれる、幸せな時間があった。
どうでしょう。
愛情も信頼も笑顔も幸せも共有できた。
最高じゃないですか。
お母様にとってあなたは最高の存在だったんです。
「親不孝ものだ」なんて勘違いも甚だしい。
あなたは最高の親孝行を積み上げてきていたんです。
お母様にとってあなたは生きる理由そのものだったと思いますよ。

世の中は無常で、いつ誰がどうなるか、ランダムに訪れます。
明確な因果関係はありません、偶然です。
それでも納得したくて、私たちは因果関係を自分で作り出します。
「悪いことが起きたってことは、あれは悪いことだったに違いない」
そう、あなたです。
過去にしたことは悪いことだったのだ、と自分で意味をねじ曲げているんです。
解釈を抜きにして思い返してください。
あなたのおかげでお母様は幸せな人生を過ごせた。
それが事実です。

生前のお母様は何を望んでいたのでしょう。
あなたの幸せ、ですよね。
それは死後もなお同じです。
だからあなたは幸せになっていいんです。
むしろ、お母さんの分まで幸せを味わってください。
そしてお母さんのお墓の前で「こんな幸せなことがあったんだよ、お母さんの教育のおかげだよ」と伝えて共有してあげてください。
これを聞いたら、お母様は泣いて喜ぶのではないでしょうか。

僕はこの方が悩む原因を「思い込み」だと判断しました。思い込みとは事実を曲解することとも言えますが、今回は「自分を責めるための思い込み」でした。

『自分を責めることによって、悪いことが起きたことの因果応報を成り立たせよう』という無意識が働いたのでしょう。確かにこれで納得はいきます。でも、救われません。自分の心よりも合理性を追求してしまうのが人間です(認知的不協和と言います)。そこで自分を苦しめるだけの思い込みを覆すために、厳しい言葉を使わせていただきました。

さらに、新しい見方を納得してもらうために、お母様の願いを改めて認識してもらいました。辛い時ほど、また思い込みが激しい時ほど、当たり前にもらっていた大切なものが見えなくなりますからね。

返事から察するに、僕の想いは届いたようです。

ゆーこーさん、ありがとうございます。お言葉一つ一つが身に沁みて涙が止まらなくなりました。私は親孝行出来ていたのですね。私は母のような母親になる目標ができました。母のためにも幸せに生きます。

苦しんでいる人が、その苦しみを受け止めながらも前向きに歩き始める。

これが僕にとっての幸せであり、生きがいでもあります。

誰よりも前向きで、誰よりも落ち込む

これはあるアニメのセリフです。詳細は忘れたので一言一句同じではないですが…

このアニメでは、AIが人間の精神を数値化し、全ての罪を公正に裁く合理的な世界となっています。犯罪を犯したものは、監視カメラから悪化した精神状態を解析されて逮捕される。さらに犯罪を起こそうとする未遂者までも検挙する優秀なAIです。だから人間の裁判官はすでにいません。

しかし、このAI、実は問題が隠されていた。それは『免罪体質』と呼ばれる人がいること。殺人を犯したとしても精神が正常だと判断されて、逮捕することも裁くこともできない。だから人殺しをしたとしても見過ごすしかできないんです。

主人公の女の子はAIのもとで働く刑事さんです。この免罪体質の問題に気づいたとき、親友を目の前で殺されるが、殺人犯は免罪体質だから検挙できず、無力なAIに対して憤りを覚えるが、それでもAIは人間を人間たらしめる法そのものであるため、その不条理を受け入れながらも戦っていく、という激動な人生を送っています。えぐいですね。

そんな彼女の姿を見たある人が、このセリフをいうんです。

あなたは誰よりも落ち込んでいるけど、誰よりも前向きなのね

初めて聞いた時、衝撃を受けました。落ち込むことと前向きであることは相反することであるように思っていたからです。理不尽な世界に落ち込みながらも、目的のためにこんな生き方ができるんだ、とフィクションの世界ながらも感銘を受けたことを覚えています。

さて、どうしてこのお話をしたのか。

それは、この世界も不条理だからです。そして不条理を受け入れながらも、前を向く必要があるからです。

不条理だからこそ前を向ける

このアニメの世界観ほどではないですが、僕たちの世界も不条理です。こんな世界だとやってられない、とも思うでしょう。ですが、この世を不条理だと認識するか否か、それだけで反応は良い方向に変わってきます。

つまり「良いことしたからいいことだけ起きる、とは限らない」という思考をあらかじめ持っておくだけです。

この質問者さんはその逆です。何も悪いことはしていないはずなのに、彼女にとって一番の悪夢とも言える事態が起きてしまった。つまり悪いことをしていたのではないか…と自分を責めています。これは世の中は合理的だと考えるからこそ生まれる思考です。

でもそんなことありません。世の中は不条理なんです。

良いことをしたって、悪いことは起きる。これが頭に入っていなければ、悪いことが起きた時に、あなたの過去は全て悪いことだったと上書きされてしまいます。

こんな人生は間違っていると思いませんか。

不条理で落ち込むことはたくさんある。でも合理性を欠いた不条理だからこそ、過去を振り返らずに、過去を悪いものだったと決めつけずに、過去を大切にしながら前を向いて歩く。

不条理とは、悪い思い出から抜け出して、前を向くための思考法の一つと言えます。

死を乗り越える最も大切な考え方は、この不条理にこそ隠されているのかもしれません。